料理が苦手なので、短時間で簡単にできるもの考え実施していました。ダイエット中はパン・麺類は一切禁止です。
ご飯が好きな方へのおすすめは、ご飯の量を半分に減らしその分、冷凍で売っている
細かくなったブロッコリーを使いチャーハン・お粥・雑炊・炊き込みご飯を作り食べます。

これにより炭水化物摂取量も減り、お腹も満腹になります。
ブロッコリーは、ご飯に混ぜるだけでなく卵焼き・スープに入れるなど入れることにより満腹感があります。

他、こんにゃく・白滝を購入して細かく刻み、チャーハン・雑炊・炊き込みご飯を作ると、ご飯の摂取量が減らすことができます。
どちらも他に具材(肉・野菜・魚)を増やすことでき満腹感があり、炭水化物摂取量が減らすことができます。

そして、無理なく続けられる方法だと思います。
ブロッコリーは食物繊維が豊富で便通にも良いですし、こんにゃくはお腹を綺麗にしていくれるので
ダイエットへつながる方法の一つであり、健康な体づくりの一つでもあると思います。

飲み物に砂糖を加えないだけのダイエット

食べ物制限でダイエットをするのが面倒くさい人へ、私が30代後半の時に試したダイエット方法です。
カフェオレや、ココアなど甘い飲み物が好きだった私。朝起きて朝食のお供にカフェオレが定番だったのですが、それをブラックコーヒーに替えました。
デスクワークがほとんどだった私は、会社に着くとすぐに飲み物を用意していたのですが、それもブラックコーヒーに。
とにかく毎日の飲み物大体1日5杯位飲んでいた飲み物を、全て無糖、ミルクなしに替えました。

その代わり、コーヒーはドリップして香りを楽しんだり、紅茶も少しだけ高価なものにして、贅沢気分を味わいました。
それで1か月に2kg痩せました。コンビニや自販機で売られている飲み物の糖分って本当に多いんだなと実感します。
人によると思いますが、腰のあたりがすっきりして、むくみが少なくなったような気がします。

ハーブティーやお酢を炭酸で割ったりするのもおすすめです。確実に身体にいいので歯のステインも付きにくくなります。

食事の献立やカロリー計算、食べたものを記録するなど色々ダイエットを試しましたが、ド
リンク糖分抜きダイエットが一番手っ取り早くて、取り掛かりやすいので今でも少し体が重いと感じた時にはすぐにやるようにしています。

料理が苦手な私でもバランスよい食事で無理なくダイエット

3食キチンと食べる事をまずは目標にしました。朝は納豆か卵。もしくはシーチキン、鯖などの缶詰めに先日の残りの具沢山味噌汁。
お昼はお弁当ですが、カボチャの煮付け、ブロッコリー、鶏胸肉のソテーをカレー味ケチャップ味照り焼きなど味つけを変えて飽きないようにしました。
夜は温野菜に鶏のササミ。鍋は色々なスープが売ってるのでオススメです。湯豆腐や焼き魚など。

コツは朝と昼の炭水化物の量を減らす。夜の炭水化物は抜く。後は3食たんぱく質と野菜をしっかりと。
揚げ物は食べない。たんぱく質は鶏肉メインに。油を使わず蒸すか茹でる。これで私は1ヶ月3㌔痩せました。
すぐに効果は出ませんが諦めず続けてみて下さい。食事を抜くと脂肪はとれず筋肉が痩せるので見た目もよくありません。

適度に運動もして下さい。20分以上の有酸素運動がオススメです。ウオーキングなどいいです。
勿論ですが、甘い飲み物やお菓子、アイスやスナック菓子はやめましょう。

必ず痩せたい人のおすすめ食事法を大公開!

お勧めは、朝にご飯をしっかりと食べる時間を持ってくるということです。
夕飯をいつも食べ過ぎて、痩せないと考える人、ダイエット期間中は我慢できないといけないと決めつけている人は、
朝食をしっかりと食べるように生活スタイルを変えてみるとすんなりと痩せられます。実際私の食生活は、夕飯は鍋をすることが多かったです。
ゆっくりと噛んで野菜をたくさん食べて、食べ過ぎないようにするだけです。炭水化物を極力食べないようにして、食べたいものは、朝にとるようにします。

ごはんと納豆は朝食べるようにしました。パスタや麺類は朝から食べれないものは、ランチに回して、とにかく夜を気をつけて生活します。
時々飲みにいって、気分よく飲みたい時は、飲んで大丈夫です。そこまで我慢しても続かないので、楽しみたい時は楽しみました。
仕事がサービス業で、一日中たち仕事だったこともありますが、夜を気をつけて生活し始めたら、1年で8キロ落とすことができました。

食事量は本当に食べ過ぎをやめるだけです。結構すぐにお腹すいて、続けるのは難しいという人は、噛む回数を増やすことで満足感が得られます。
早食いもやめましょう。早食いは一番満腹感を感じれなくなります。食事に意識を向けて他のことをしないのことも大事です。
ちょっとしたことでもつづけて、習慣を変えることで、ダイエットは成功できました。