炭水化物の摂取量を減らすダイエット

料理が苦手なので、短時間で簡単にできるもの考え実施していました。ダイエット中はパン・麺類は一切禁止です。
ご飯が好きな方へのおすすめは、ご飯の量を半分に減らしその分、冷凍で売っている
細かくなったブロッコリーを使いチャーハン・お粥・雑炊・炊き込みご飯を作り食べます。

これにより炭水化物摂取量も減り、お腹も満腹になります。
ブロッコリーは、ご飯に混ぜるだけでなく卵焼き・スープに入れるなど入れることにより満腹感があります。

他、こんにゃく・白滝を購入して細かく刻み、チャーハン・雑炊・炊き込みご飯を作ると、ご飯の摂取量が減らすことができます。
どちらも他に具材(肉・野菜・魚)を増やすことでき満腹感があり、炭水化物摂取量が減らすことができます。

そして、無理なく続けられる方法だと思います。
ブロッコリーは食物繊維が豊富で便通にも良いですし、こんにゃくはお腹を綺麗にしていくれるので
ダイエットへつながる方法の一つであり、健康な体づくりの一つでもあると思います。

飲み物に砂糖を加えないだけのダイエット

食べ物制限でダイエットをするのが面倒くさい人へ、私が30代後半の時に試したダイエット方法です。
カフェオレや、ココアなど甘い飲み物が好きだった私。朝起きて朝食のお供にカフェオレが定番だったのですが、それをブラックコーヒーに替えました。
デスクワークがほとんどだった私は、会社に着くとすぐに飲み物を用意していたのですが、それもブラックコーヒーに。
とにかく毎日の飲み物大体1日5杯位飲んでいた飲み物を、全て無糖、ミルクなしに替えました。

その代わり、コーヒーはドリップして香りを楽しんだり、紅茶も少しだけ高価なものにして、贅沢気分を味わいました。
それで1か月に2kg痩せました。コンビニや自販機で売られている飲み物の糖分って本当に多いんだなと実感します。
人によると思いますが、腰のあたりがすっきりして、むくみが少なくなったような気がします。

ハーブティーやお酢を炭酸で割ったりするのもおすすめです。確実に身体にいいので歯のステインも付きにくくなります。

食事の献立やカロリー計算、食べたものを記録するなど色々ダイエットを試しましたが、ド
リンク糖分抜きダイエットが一番手っ取り早くて、取り掛かりやすいので今でも少し体が重いと感じた時にはすぐにやるようにしています。

料理が苦手な私でもバランスよい食事で無理なくダイエット

3食キチンと食べる事をまずは目標にしました。朝は納豆か卵。もしくはシーチキン、鯖などの缶詰めに先日の残りの具沢山味噌汁。
お昼はお弁当ですが、カボチャの煮付け、ブロッコリー、鶏胸肉のソテーをカレー味ケチャップ味照り焼きなど味つけを変えて飽きないようにしました。
夜は温野菜に鶏のササミ。鍋は色々なスープが売ってるのでオススメです。湯豆腐や焼き魚など。

コツは朝と昼の炭水化物の量を減らす。夜の炭水化物は抜く。後は3食たんぱく質と野菜をしっかりと。
揚げ物は食べない。たんぱく質は鶏肉メインに。油を使わず蒸すか茹でる。これで私は1ヶ月3㌔痩せました。
すぐに効果は出ませんが諦めず続けてみて下さい。食事を抜くと脂肪はとれず筋肉が痩せるので見た目もよくありません。

適度に運動もして下さい。20分以上の有酸素運動がオススメです。ウオーキングなどいいです。
勿論ですが、甘い飲み物やお菓子、アイスやスナック菓子はやめましょう。

必ず痩せたい人のおすすめ食事法を大公開!

お勧めは、朝にご飯をしっかりと食べる時間を持ってくるということです。
夕飯をいつも食べ過ぎて、痩せないと考える人、ダイエット期間中は我慢できないといけないと決めつけている人は、
朝食をしっかりと食べるように生活スタイルを変えてみるとすんなりと痩せられます。実際私の食生活は、夕飯は鍋をすることが多かったです。
ゆっくりと噛んで野菜をたくさん食べて、食べ過ぎないようにするだけです。炭水化物を極力食べないようにして、食べたいものは、朝にとるようにします。

ごはんと納豆は朝食べるようにしました。パスタや麺類は朝から食べれないものは、ランチに回して、とにかく夜を気をつけて生活します。
時々飲みにいって、気分よく飲みたい時は、飲んで大丈夫です。そこまで我慢しても続かないので、楽しみたい時は楽しみました。
仕事がサービス業で、一日中たち仕事だったこともありますが、夜を気をつけて生活し始めたら、1年で8キロ落とすことができました。

食事量は本当に食べ過ぎをやめるだけです。結構すぐにお腹すいて、続けるのは難しいという人は、噛む回数を増やすことで満足感が得られます。
早食いもやめましょう。早食いは一番満腹感を感じれなくなります。食事に意識を向けて他のことをしないのことも大事です。
ちょっとしたことでもつづけて、習慣を変えることで、ダイエットは成功できました。

運動が苦手な人でも出来る呼吸法ダイエット

毎日の生活のなかで出来る簡単なストレッチで3キロ痩せました。やることは簡単で歩くときや家事、仕事時に深呼吸をしながら行うことです。
時間に余裕があれば両腕をあげて背筋を伸ばしてゆっくり深呼吸をします。
そのときにお腹に力を入れることを意識することが大切です。それだけでお腹のぽっこりが改善されてすっきりします。

本当に深呼吸を意識するだけで内側のインナーマッスルが鍛えられお腹回りの脂肪が少なくなります。パンツにのったぽにょも消えていきますよ。
あとは食事で気を付けなきゃいけないことは変に食べる量を減らさず間食をしない、しっかりお米を食べることに気を付けて食事をして欲しいです。
何が一番いけないかというと間食、それがやってはいけないことです。

しっかりご飯を食べていればお米は腹持ちも良いので間食もなくなり無駄な糖質をとらないで済むので本当におすすめです。
あとは果物をとると酵素もとれるので体内バランスも整えられ健康的なダイエットに繋がります。

食べて綺麗に痩せたい人向けのダイエット飯!

私がよく作るダイエット飯は「脂肪燃焼スープ」です!トマト缶とコンソメと少量の塩コショウ(無くてもOK)の味付けのみ。油不使用。具材はなんでもいいです!
私がよく作る具材は ・ほうれん草・玉ねぎ・人参・鶏胸肉・キャベツ・しめじ・エリンギ・キャベツ です!
にんにく好きな方は入れても美味しいですよ!この脂肪燃焼スープを私は朝と夜食べています!
昼は好きなものを食べて朝夜たべるだけでガリガリにならず健康的に痩せれます!

それでも甘いものが食べたい!間食したい時には寒天ゼリーを作って食べています。
これも簡単で100%ジュースに寒天を混ぜたり
カルピスの原液で寒天を作ったりコーヒーで寒天ゼリー作ったり、無理なく低カロリーで甘いものは摂取しています。

その方がストレス無く美味しく食べて綺麗に痩せれます!
私がオススメしたものは時間が無い子育て中のママさん向け短時間で美味しものがストックとして作れるのでとてもオススメです!

食事制限なし!飽きないダイエットレシピ

これは炭水化物が大好きな私流のダイエットメニューになります。
私の場合は夜勤の仕事をしておりまして、ただでさえ太りやすい生活という事で、手軽に誰でも始める数々の食材があります。
まず始めに私が今でも続けているダイエットレシピを紹介したいと思います。

今でも続けているダイエットメニューその1は「おからパウダー」です。
おからパウダーをスプーン一杯混ぜるだけで腹持ちがかなりよくなるんです。そのため、間食を防ぐ事に繋がるので、お菓子類を一切食べなくなりました。
いつも朝ご飯とお昼ご飯にあたる時間に使っているのですが、私の場合は食前にヨーグルトを食べるのですが、そこに一杯入れるだけです。

それだけでお昼の食べる量も減らせるので、節約にも繋がります。
お昼の時間にもご飯に軽くかけて食べるだけで腹持ちするので寝る前の暴食を防ぐ事ができます。
おからパウダーにも色んな種類のものがありますが微粒タイプのものが食べやすくお勧めです。

ネットなどでも紹介されていますが、自炊をされる方ならおからパウダーを使ってお好み焼きを作るのもいいと思います。
(私は自炊をほとんどしていないのでやってません)
次に紹介するのがゆで卵です。寝る前の食事をゆで卵にしていたのですが、何をつけて食べるかで飽きもこないのでお勧めです。

減量にはおからパウダーがおすすめです

ダイエットの秘訣は、自分が食べられるものを持っておくことです。
お腹がすくからといって、野菜やこんにゃく、人工甘味料のゼリーなど、カロリーの低いものをたくさんお腹に詰め込んでも、
血糖値が下がっている限り満腹にはならないので、量ばかり増えてしまって、依存症となり、お金ばかりがかかるのでやめたほうがいいです。
それよりは、カロリーの高いものを少量食べて、よく動くことが大切です。

また、食べた後にすぐなにか始めると、気もまぎれるし、胃が気持ち悪くなるので、もっと食べたいという気持ちを逸らすことができます。
食物繊維、タンパク質を多く含むものを、糖質と脂質にプラスして組み合わせると、
血糖値の上がり下がりが安定するので、空腹や満腹の振れ幅を少なくし、安定した気分になれます。

具体的な食材では、大豆製品が良いです。
とくにおからパウダーは、日持ちがして、火を通す必要もなく、味もあっさりしていて、
どんな食材とも合わせやすく、料理をする人もしない人にも使いやすくておすすめです。

一日のカロリー摂取の基本となるパンやごはんに混ぜて嵩を増せるため、小麦粉や米を控えてもたくさん食べられるけど、
こんにゃくパウダーや寒天などのようなゼロカロリーの食材と違って、元々豆の一部分であり、食物繊維主体の食材なので、きちんと満腹感が得られます。

私の場合は、無発酵パンを主食にしていたので、減量したいときは、小麦粉におからパウダーをプラスして捏ねて焼くだけのものを主食にします。
これなら、自分の好みに合わせて、小麦とおからの配合を増減してコントロールが容易だし、焼いた後は日持ちがするから、
食べ残して余ることを考えずにすむし、食べたくなったら手を伸ばせば好きな時に食べられるという確かさから、
過剰に食べ過ぎることもないという点で、ベストな食糧となります。
自分が食べるものをしっかり持っておくことは、余計な間食や買い物をしないため、財布にも健康にも良いことです。

運動、食生活を少し変えるだけでどこまで減るかやってみた結果

以前の職場でのパワハラにより、たくさん食べさせられ入社当時より15kg太りました。
辞めてからも胃が大きくなっていたのか、食べる量も多く、減ることはありませんでした。
悔しかったので、全部落としてやる!と意気込み、ジムに通うことにしました。

元々ジムに通っていた時期もあり、運動が好きだったので、ジムでの運動にハマってしまい毎日のように仕事後にジムに通いました。
筋トレや有酸素運動に加え、スタジオでのレッスンにも参加してみたところ、すごく楽しくハマってしまいました。
特にハマったのが、音楽に合わせて格闘技の動きをするもので、普段はまずしないパンチやキックを
思いっきりやることで身体全体を使い全体的に引き締められたと思います。

加えて、食事も、今までは主食とおかずのみで、炭水化物と脂質を多くとっていたのですが、スープやサラダを加え、そちらを多くとるようにしました。
お腹はいっぱいになるので、物足りない感じはあまりありませんでした。
全体的に生活を変えたことで、3ヶ月で12kg減量することができました。
運動もするし、食事も少し変わりましたが、あまり無理をした感じはなくここまで痩せられたのでとても満足しています。

ヨーグルトダイエットの実践でマイナス10キロ

スポーツをしてダイエットしようとか、そもそも食べる量を減らす事でダイエットをしよとか、
いろいろな事を行ってきた私なのですが、最近効果的にできているダイエットがあります。

それは、「ヨーグルトダイエット」です。
便通が良くなったり、整腸作用により、ダイエットにもつながると言われていましたが、そのヨーグルトをよりダイエットに繋がるように取り入れてみたのです。
ヨーグルトは、なんといっても発酵食品であるということで、ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は体にとって良い働きをする「善玉菌」でもあり、
乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防効果が期待できると言われています。

腸の調子が良くなる、つまり腸の運動量が増えるということなので基礎代謝量アップにもなり、結果痩せ体質にもつながります。
また、「乳酸菌」によって作られる酸で、「悪玉菌」の増殖を抑える効果もあるといわれています。
そのヨーグルトに、私は好物のアーモンドをトッピングするのです。

菓子用のスライスアーモンドをふりかけて、食感が出る上、アーモンドは食物繊維が豊富なので、便通もよくなるというのです。
そして、肝心の食べ方なのですが、「乳酸菌」は、体内に入ったとしても生きているのは
数日間で外へ出て行ってしまうので、一度に多量に摂取せず、毎日少しずつ取り入れるようにしました。

朝、元々あまり食べない体質だったので、そこにヨーグルトの効能を最大限活用してみました。
毎食ヨーグルト100~120gとそこにアーモンドスライスのトッピングをして、野菜ジュース200mlを摂る生活をしたのです。
ヨーグルトによって、善玉菌を増やし腸内環境を改善。

また、ヨーグルトに含まれるタンパク質やミネラル分によって、筋肉を落とさず
脂肪燃焼に必要な栄養分を補いながら安全にダイエットすることが可能となったわけです。
結果、なんと3か月で10キロのダイエットが成功したのです。

いつも体全体で行動するよう意識すること

人間の基礎代謝は、どんな運動よりも高い熱量を必要とします。
運動は特別なもののように言われていますが、そんなことはありません。毎日の生活が運動そのものです。
寝たきりでも、心臓、肺、脳、消化器など、絶え間なく仕事をしていますし、
起きていれば、座っているだけでも、重力によって常に筋肉に負荷がかかっているのです。

そして、生活の為に歩いたり家事をしたり勉強や仕事などで頭を使えば、さらにエネルギーを必要とします。
要は、使われるエネルギーを摂取するエネルギー以上にすれば体重は減ります。
動くことは じっとしているよりも気持ちがいいものだから、習慣にしてしまえば苦痛はありません。

たとえば、座るときも腹筋を使って背筋を伸ばすとか、車を使わないで歩くとか、
自力で出来ることは 機械や人に頼らずに自分でやるだけで、特別なことはありません。
何かに夢中になっていれば食欲もまぎれるし、胃腸を酷使することは逆に不快になります。

黒ゴマきなこダイエットで、1ヶ月マイナス3キロ

黒ゴマきな粉を、豆乳に溶かしたものを朝食変わりにするだけです!
黒ゴマきな粉自体はスーパーでも手に入るし、近所になければインターネットで購入できます。
価格もリーズナブルですので、高い置き換えダイエットをしている方へ、価格の面からでもオススメです。

私は普段朝食を食べないのですが、黒ゴマきな粉を朝摂る様になったら、何もせずにどんどん痩せていきました。
人の体は3食の方が痩せやすいのか、摂取カロリーは今までより上がっているはずなのに不思議です。
豆乳も同時に摂ることが出来るからか、女性特有の不調も減りました。

また、便通も良くなるので、肌も綺麗になったりと、良い事が続きました。作り方も簡単です!
シェイカーに豆乳を200CC入れ、そこに大さじ1杯程度の(量はお好みでどうぞ)黒ゴマきな粉を入れ、
後はシェイクして飲むだけという、お手軽なところもオススメです!

余談ですが、黒ゴマきな粉を先に入れるとシェイクしても残ったりするので、豆乳を先に入れる方が良いと思います。
是非体調を整える感じで、始めてみてはいかがですか?

豆腐ダイエットを6ヶ月行い10㎏痩せました。

私の体重は当時98㎏ありました。若い頃は180㎝で70㎏ほどでしたが、歳を重ねるごとに体重はどんどん増えていきました。
スポーツなど体を動かし痩せようと試みましたが、結局続かず体重はあまり減ることはありませんでした。
妻にも昔の面影はなくなったねと言われる始末でした。

苦しいことは長続きせず何か良い方法はないかと悩んでいましたが、テレビで豆腐ダイエットが効果が出ると
放送していたので豆腐の好きな私はすぐにご飯を豆腐に変えて実践しました。

当初は体重にそんなに変化はありませんでしたが、1ヶ月くらいから徐々に体重が減り始め2ヶ月目には5kgぐらい一気に体重が減りました。
豆腐は食べると意外に腹にたまる感じがして、ご飯を食べていた時より他のおかずを食べずに済んでいたので思いのほかかなり効果がでました。

7㎏ぐらい減ったあたりから体重の変化が緩やかになりましたが、6ヶ月目には10㎏痩せることができました。
その後、軽い筋肉トレーニングも行っているので体重は現在もリバウンドせずに維持することができています。

食事の時間と内容をちょっとアレンジするダイエット!

出来るだけ仕事と両立しながら無理なく続くのが良かったので、リバウンドしにくい食生活の見直しをしました。
まず、就寝する6時間前に夕飯を済ませ、それ以降は水とブラックコーヒー以外何も口にしません。
もし残業などで夕飯の時間を過ぎてしまったら、どうしてもお腹が空きた時だけ温めた牛乳を一杯だけ飲みました。

意外と満足感があります。次に食事の量はいつもどおりですが、カップ麺やスナックなどのジャンクフードをやめました。
これをするだけでも人によってはかなり効果的なようですが、私はこれに、普段食べては肉を鶏肉に置き換える方法を取り入れました。
特に鶏ささみは低脂肪高タンパクなのでダイエットに最適です。
基本的に自炊だったので、牛丼は鶏丼にしたり、ハンバーグや生姜焼きの肉も鶏肉を使用しました。

意外とさっぱりしていて胃腸に優しいのでお通じも良くなり、さらに牛肉より安価なのでお財布にも優しくいいことづくめです。
外食やコンビニフードでも鶏肉を意識して食べるだけでかなり変わります。
これのおかげで、夕飯の時間以外プライベートに支障なく、ほぼいつも通りの生活で半年でマイナス7キロに成功しました。

過度な食事制限によるダイエットの怖さ

私は一度、「とにかく食べ物を食べない」というダイエットを2週間行いました。
こんなことをしようと考えた理由はバイト先のイベントで着る衣装が入らない可能性があったからです。

大学生のときに始めたバーではときどきイベントを行っていました。
ハロウィンのときには何か仮装をしましょうといった程度ではありますが、長く続ける気もなかったため貸衣装で乗り切ろうと考えました。

しかし、女性用の衣装がみんな細い!!その中でも大きめの魔女のようなドレスを選択しましたが、
辛うじて着ることはできてもかなりきつく、「これは多少痩せるしかない」と決意しました。
イベントまでの1週間でどれくらい痩せられるか不安でしたがとにかく痩せたかった私は、1日の食事量を減らす手段を取りました。

1日の食事はコンビニのサンドイッチ1個です。それ以外をどうしても食べた場合は食後に大量の水を飲んで吐き出していました。
指を口に入れて吐き出します。気持ち悪いですし、胃や食道が荒れていくのを感じていました。大学の友人にも何度も止められました。
それでも、意地になっていた私はだんだん神経が擦り減っていくのも感じました。
「この飴1個食べたら太る」「サンドイッチですらも減らすべきでは…」「水でも太ったらどうしよう。」

2週間後、私は7kgの減量に成功しました。無事、衣装も余裕をもって着ることができ、イベントは楽しく参加することができました。

しかし、怖いのはそのあとでした。
とにかく止まらない食欲…とにかく止まらないリバウンド…気のせいか、ダイエット前よりも太りやすくなっている気がしてなりませんでした。
結局、その後8kg増えてしまい、胃腸の調子も悪くなりました。

余談ですが、私は1つ年上のいとこがいます。
彼女は同じようなダイエットを1ヶ月続けて10kg以上痩せましたが、普段なら周期通りに来る月経が来なかったそうです。

あまり過度な食事制限は健康を損なう危険性を孕んでいることを身をもって実感した機会になりました。
リバウンドはもちろんですが、ダイエット中の精神が崩壊していく感覚はもう2度と体験したくありません。
いとこのように女性としての機能に支障が出ては、子供を産めない身体になってしまう可能性もあります。
どんなことも無理をしすぎて身体に影響しては元も子もありません。
無理をしすぎないダイエットで健康的に痩せるよう心掛けたいと願ってやみません。

幻獣契約クリプトラクトの攻略方法

幻獣契約クリプトラクトの攻略方法としては、まずは序盤にやるべきことがカギを握ります。
そのためには、まずはリセマラに注目することです。最初に強キャラを持っているかどうかでその後の展開が大きく変わるからです。
攻略するには、初めてすぐは星5の強キャラを引くまでリセマラを続けることです。

ただ、星5のキャラがすべて優秀というわけではないので、当たりキャラは選別する必要があります。
攻略のためにはとにかく強キャラの育成をすることが大事で、キャラクターの強さだけでクリアしていくことができます。
ただしある程度進んでいくと行き詰るので、それに備えて優先的に強化合成をしておきます。
ログインボーナスや配布キャラを使用することが、レベルアップにつながります。

リセマラを繰り返して強キャラをゲットできたら、その後はメインクエストをクリアしていき、さらにランク上げを図っていきます。
ランクを上げれば、APやフレンドの最大数が増加していくので、ゲリラやイベントの周回をこなすことができます。
また、パーティ編成は4人まで編成できるのですが、4人編成にすると助っ人がサブに引っ込むので、序盤は3人で編成するようにします。

パズル&ドラゴンズは無課金で楽しめる?

最近流行りのスマホゲームアプリ、「パズル&ドラゴンズ」。無料で始められる簡単ゲームとして人気は絶大です。
パズルゲームであり、対戦型ゲームであり、育成ゲームの側面を持ち合わせているのですが、
あるレベル以上になると課金することであ更なるレベルアップを可能にすることができるのですが、
無課金でゲームを楽しみ、レベルアップすることは可能なのでしょうか。結論から言うと可能だそうです。

ゲームを始めたばかりの頃は当然レベルは低いわけですが、この時期は友達申請しまくることで無課金のままレベルアップが可能なんだそうです。
パズドラは好みのモンスターを選んでパーティー(チーム)を作り、ダンジうョン(敵のアジトとでも言いましょうか)に乗り込み、
敵のモンスターをパズルを揃えて攻撃するのですが、通信機能を利用して共同作業で敵のモンスターに立ち向かうことも可能なのです。

この部分を利用すると言うわけです。自分よりもレベルの高い方に友達申請し、共同作業で戦えば自ずとレベルアップしていくのです。
レベルの高い人に引き上げてもらうということです。すると課金することなくレベルアップでき、よりパズドラを楽しむことができるのです。

飽き性の私が、まぜこぜよくばりダイエットをした結果

私は、沢山いろんなダイエットに挑戦しました。りんごダイエット、酵素ダイエット、ファスティングダイエット、
ホットヨーグルト、寒天ダイエット、オリーブオイルダイエット、血液型ダイエット、バナナダイエット、
開始数日は、調子がいいのですが、体がそのダイエットになれてしまうと、すぐ停滞期になります。

そこで、1週間ごとに、違うダイエットを試すことにしました!
そして、常に、食べ物を食べる時は、頭の中で簡単なカロリー計算をし、1日の総カロリーを1000に抑えるようにしました。

例えば夜に、飲み会の予定が入ってるときには、朝、昼のごはんをサラダや野菜ジュースに抑え、飲み会の楽しい場は、思いっきり楽しむことにしました。
すると、無理なく続けたダイエットが功を奏し、見事3ヵ月で-10きろに!
それからは、その体重をキープすることを心かげ、今のところリバウンドはしていません。

また、最近では、出産も経験しました。出産前は、ダイエットはできないので、とにかく、朝と夜、必ずカレンダーに体重を記録することにしました。
そのおかげで、プラス7キロ。産後は、すぐに元通りになりました。

筋力トレーニングとランニングを合わせたダイエット

2016年の年頭に置いて83キロあった体重に危機感を覚え、今年1年間ダイエットをしようと思い立ちました。
まず初めに基礎代謝を増やす意味でも筋力トレーニングをし筋力量を増やそうと思いました。
鍛える部位としては腕、背筋、腹筋に決めました。5キロのダンベルを用いたアームカールと30キロのアームバーを使い腕を鍛えます。

背筋はスタンダードにうつぶせに寝て頭を上げるトレーニングで、腹筋は腹筋ローラーを使い鍛えることにしました。
それと合わせてランニングも行います。いきなり速いペースで走ったり長距離を走っても膝に負担がかかるだけではなく
継続してランニングできないと考え、当面は40分で5キロを走ろうと決めました。
ランニングする頻度としては1週間で3~4回ほどで月に50キロほど走ることを目標にしました。
根気強くトレーニングとランニングを続けた結果11月24日時点で80キロ少々と3キロのダイエットに成功しました。

私のダイエットしたときの方法について

私は現在の身長が178センチで体重が67キロですが、なんと5年前は98キロもありました。
このまま進んでしまうと100キロという大台に乗ってしまうと危機感をおぼえ、ダイエットを始めたことがきっかけとなります。
私のダイエットの秘訣は、王道ですが食事と運動です。とはいえ運動も食事もそんなにハードはほど制限をしていませんでした。

食事に関しては野菜をメインにすることとと、塩分をなるべく控えるようにしており、数字にしたら1日4グラムが目標にしており、それは今も変わりません。
日本人は比較的塩味を好みますが、実は塩は体の中に水分をためるので運動をして汗を流しても、あまり大きな体重の減少は見込めません。

そのため私は塩分を控えることを決意し、運動と組み合わせることによって1ヶ月で8キロも体重が落ちました。
塩分を控えると体のむくみも取れますので、停滞期もなく、順調に体重が落ち続けたのでまったくストレスもなく、気軽にダイエットを成功させることができました。

8ヶ月で痩せるためにしたダイエット

まず、8ヶ月後に15kg痩せていたいと思い、はるな愛さんが広告をしている”酵水素328選もぎたて生スムージー”を試してみました。
味はMIXベリー味で私はおいしくいただく事ができました。
置き換えダイエットで、一杯17K calなので、最初の一か月半位は体重計に乗るのが楽しみな位に痩せていきました。

ところが、身体が慣れてくると停滞期になってしまい体重が減らなくなってきました。
あまり食べてなかったので、お通じもあまりなく、お通じがくる様に食べたりもしました。
食べるとお通じがきて体重も減っていきました。この期間はとにかくストレスを溜めない様に気をつけて飲み続けていきました。

そして、ストレッチなども始めて体を動かすように頑張ってみました。それが良かったのか、又、痩せ始めるようになり、ホッとしました。
そうすると、又、体重計に乗るのが楽しくなってみました。それに、ストレッチのおかげか、身体も締まってきたように感じられました。
最終的には、マイナス12kgと目標には届きませんでしたが、それまで何をしても痩せなかったので満足な結果となりました。

健康茶によるダイエットで4kg減

生活習慣病で体重が増えメタボリックシンドロームとの保健指導を受けたため、簡単にできるダイエットを探したところ、からだ楽痩茶にめぐりあいました。
カロリー制限や食事制限することなく、飲むだけでストレスフリーで簡単にダイエットができるということなので始めてみました。
最大7割も糖質吸収をブロックする効果が得られる成分と知り、おそらく商品の料金はきっと高いだろうと購入する際には値段が心配でしたが、
ペットボトルより安い137円程度の価格体系を保っているので安心できました。

さらに商品に関するご愛用満足度が93%、累計での販売実績が23年といううたい文句があり、
からだ楽痩茶の商品としての信頼性については充分満足できるものでした。
さらにお試しコースとして1家族お試し8包というサービスもあり、これも利用し満足できる内容でした。
私の目標としては2ケ月で3kg程度、体重が落ちればよいと考えていましたが4kg減という期待以上の結果を得ることができました。

お散歩ダイエットと豆腐ダイエット

御朱印集めが趣味なので、駅近くの神社を回りながら最終的には何駅も先の神社まで歩いて回った。
ご飯は豆腐がメインで、ご飯代わりに味をつけたオムライスならぬオム豆腐や牛丼ならぬ牛豆腐など、
タンパク質を取りながら摂取カロリーを消費カロリーが上回るように意識した。

元々家事が好きでもなかったので、ご飯を炊くより豆腐でぱっと作れるのがお手軽なのも合っていたように思う。
また、御朱印などの趣味だと同じ趣味を持っ人がいたりもするので、一緒に話しながら歩いて楽しめるのも魅力だった。
神社などは緑が多い場所にあることも少なくないので、会社などでストレスをためている人ほどリラックスできて落ち着けるのも精神的に大きいように思う。

ダイエットという認識で始めたわけではなかったが、半年で5キロは痩せることができたし、
健康診断も良好との診断だったので、健康的でありながらも精神的に苦痛を味うことなくできたダイエットだったなと後になって思う。

時間と歩くこと、神社が好きであれば簡単にできることなので、足腰に不安がある人以外はおすすめできるダイエットだと思う。
ちなみに私のペースは週1.2回で2-3万歩ほどを続けた。歩数やペースを増やせば短期でもっと減らせると思う。”

2週間で太ももマイナス3センチ

まず、毎日のむくみ対策でしたことは、朝一番の白湯です。マグカップ2杯は飲むようにすることで、午前中のお手洗いの回数が増えます。
そうすることで、1日のむくみ方が変わりました。いつもは夕方には足全体がむくみ、痛くなっていたのですが、全くなくなりました。

また3日に一回のウォーキングです。室内でウォーキングが出来るところを見つけ、天気に関係なく行うことが出来ましたし、音楽を聴きながら楽しく動けました。
最後に、マッサージ&スクワットです。マッサージはお風呂上がりのできる時に、ボディークリームを付けて足首、膝、太腿の付け根を中心に行いました。
また入浴中も太ももをなるべく掴んでマッサージしています。スクワットは歯を磨きながらついでで20回ほど行っていました。

始めて2週間後にはズボンの付け根がゆるくなり、両足を揃えてたっても太ももがくっつかなくなりました。
写真も撮っていたのですが、全体が一回りすっきりし、ダイエットのモチベーションが更に上がりました。

半年間自己流ダイエットで20キロ減量

まず初めに家出できるトレーニングを行いました。朝起きてすぐ運動することで新陳代謝が良くなりその後も持続すると知ったので、朝は体感トレーニング。
両膝を床につけ、足を伸ばして1分間耐えます。昼間は仕事をして、夜はジムでウェイトトレーニングと有酸素運動。
ウェイトトレーニングの後に有酸素運動をするのがポイントです。ウェイトトレーニングはスクワットや腹直筋、背筋など、全身を鍛えました。

その後はランニングマシンで走ったり、プールで水中を歩いたりクロールしたりしました。運動後はプロテインを飲みます。
疲れ切った身体をサウナで癒すことも効果的だと思います。
このルーティンを約半年繰り返しました。半年後、72キロあった体重は52キロまで落ち、20キロの減量に成功しました。

運動だけではなく、食事にも気をつけていました。今も続けているダイエットは、夜は炭水化物を食べないことです。
朝多め昼普通夜少なめのスタイルで行うといいと思います。体重が減らなくなってきたときはチートディを設けてストレス発散し、過食を阻止しました。

食事は抜かずに1ヶ月4.5キロ痩せた方法!

私は1ヶ月間グルテンフリーを行いました。
グルテンフリーとは、小麦を主に抜いた食事を取ることです。1日3食しっかり食べますが、コンビニや外食を控えて小麦を取らないようにしていました。
小麦を取ることで体の消化が十分にできなかったり、体重増加の食べ物と言われているので抜くことで体が軽くなったり体調がよくなったりします。

パンや麺などに小麦が入っているので和食の食べ物を多く取ることをおすすめします!
それにプラス部分痩せをしたい方はそれに見合ったトレーニングを行ったりすれば、体の中身と外見どちらからも綺麗になることができます。

ダイエットの仕方がわからずによく若い人たちは食事の量を減らしたり、夜ご飯を抜いたりする断食などを行っていますが
その方法だと痩せるよりも体の中に何も入っていない状態なので栄養が取れなかったり、
一時的に痩せれたとしてもご飯を食べる生活に戻せばすぐにリバウンドしてしまいます。
ですが、グルテンフリーを行うことで、体の消化がよくなったり体のむくみが減るなど健康な体になるのはもちろん体重も減るダイエット法です!!

食事制限によるダイエットで体重減少させた体験

私は体重を減らすために食事療法によるダイエットを行いました。
まず最初に、私の場合クッキーなどの間食が多かったので、テーブルの上や目につくところにお菓子を置かないようにしました。
その結果間食がすくなくなり、2キロぐらいの体重減少がありました。

次にバランスの良い朝食をとりお腹のもちをよくするために、食パンからシリアル系の食事に変えました。
次に、からあげなどのあぶっらこいものの食べる頻度を減らしたりしてみました。
私が試した中で一番効果的でしたのが寝る前の炭水化物の摂取を控えることでした。

それだけで5キロから6キロぐらいの変化があったときは驚きました。
しかし夕ご飯をただ減らすだけではお腹がすいてしまい空腹のため睡眠の質が落ちてしまったりしたので
改善点としてキャベツの千切りに青紫蘇ドレッシングなどをかけお腹がすかないぐらいの量を摂取するようにしたところ
空腹感もなくなり簡単に食事制限を続けられるようになり10キロぐらいのダイエットに成功しました。

2ヶ月で10キロのダイエットに挑戦した男の話

つい半年ほど前の話になりますが、知り合いに原田メソッドとなる目標達成のノウハウを教えられる人がいました。
その人にダイエットの相談をしたところ、だったら同じように何かしらの目標を持って行動をする環境でやらないかと誘われました。
そして実際にその環境、すなわち原田メソッドによる目標達成プログラムの集まりで痩せてやろうということになりました。

実際に集まったのは主催の人を含めて10名で、中には転職やセミナーを開くことを目標にしている人もいました。
ただ共通して絶対に達成するんだというイメージを持って行動しようと決めた人達がここにいることが分かりました。

そして私はダイエットを成功させるために運動や食事は勿論のこと、一見関係のなさそうなことでも「自分がやる」と決めたことを何でもやりました。
またそのときの集まりのテーマとして「与える人は与えられる」のもと、
それぞれの目標を達成しようとするための手伝いとして一言のフィードバックや指摘をし合い、いい状態で臨もうとしていきました。

そして結果として、2ヶ月の間食事は規則正しくなり、普段以上に筋トレやランニングを行ったことでいい習慣が身に付きました。
ただ残念ながら体重としては目標の半分の約5キロしか落ちませんでした。
それでも周りからは「ナイスチャレンジ」「2ヶ月で5キロは凄いことですよ」と励ましの言葉をいただきました。
こうして振り替えると、まさに自分にとってダイエットを通じた自分への挑戦だったと思います。